トップページへ戻る新着情報

スター


2014/02/18

雪組トップ娘役・愛加あゆ 退団記者会見

2月18日(火)、雪組トップ娘役・愛加あゆが、宝塚傾奇絵巻『一夢庵風流記 前田慶次』、グランド・レビュー『My Dream TAKARAZUKA』(宝塚大劇場:2014年6月6日~7月14日、東京宝塚劇場:2014年8月1日~8月31日)をもって退団する事を発表し、記者会見を行いました。


小林公一(宝塚歌劇団理事長)
「雪組トップ娘役・愛加あゆが8月31日の東京宝塚劇場公演の千秋楽をもちまして、宝塚歌劇団を卒業いたします。彼女は下級生の頃から注目を浴び、そして確実に力をつけてきました。トップ娘役就任後は、壮一帆の相手役として十分な活躍をしてくれています。彼女が卒業する日まで、今まで以上に益々輝いていけるように皆様方のご支援賜りますよう宜しくお願い致します。」

愛加あゆ
「『一夢庵風流記 前田慶次』『My Dream TAKARAZUKA』の舞台をもちまして、宝塚歌劇団を卒業させていただくことになりました。私が今こうしてここにいられるのは、今まで出会ってきた全ての方のお陰だと本当に心から感謝の気持ちでいっぱいです。最後まで壮さん率いる雪組をしっかりと盛り上げて、精一杯心を込めて舞台を務めてまいりたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。」

退団を決めた理由
「壮さんの相手役として舞台で組ませていただくようになって、壮さんのことを知れば知るほど、この方と一緒に宝塚人生を終わりたいと思うようになりました。壮さんから退団のお話を伺ったときには、すぐにその場で『ご一緒させていただいていいですか?』とお聞きしました。」

壮について
「壮さんと出会ったから今の自分があると思います。壮さんは、どんなときでもプラス思考で明るくて、皆を楽しませる力を持ってらっしゃる方で、一人の人間として尊敬しています。」

トップ娘役として
「このような立場になったときに、自分が組の中でどうあるべきなのか考えたり、自信の無さに自分に負けそうになったりしたこともありました。でも、壮さんという素晴らしい相手役さんにめぐり会えて、毎日舞台に立っていることが本当に幸せで、大好きな宝塚に入れて良かったという想いを込めて一回一回を大切に舞台に立ってきました。」

思い出に残っている役
「私にとっては、どの公演どの役も思い出に残っていて選べないのですが、その中でも中日公演、全国ツアーと二度も演じた『若き日の唄は忘れじ』のふくはすごく好きな役です。また、いまお稽古中の『心中・恋の大和路』役は、考えれば考えるほど素晴らしい作品だなと改めて感じており、きっと公演が始まったら梅川という役が一番好きな役になるのではないかと思っています。」

最後の公演について
「今自分がここにいるのは沢山の人に出会えたからです。私がくじけそうになったときも沢山の方々が支えてくださり、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。その方々に元気をお届けできるように最後まで誠意を込めて、更に高みを目指して、より良い舞台を目指したいです。壮さんから、“たくさんの方の心に残るような舞台を目指して、そして自分たちの宝塚人生を最高に輝かせて終われるように一緒に頑張ろうね”と言っていただけたのがすごく嬉しくて、こんな気持ちで辞められることが最高に幸せです。」


■愛加あゆプロフィール
富山県富山市出身 文京区立第七中学出身
2003年 4月   宝塚音楽学校入学
2005年 3月   宝塚音楽学校卒業
2005年 3月   宝塚歌劇団入団、『エンター・ザ・レビュー』で初舞台
2005年 5月   雪組に配属
2012年 12月   雪組トップ娘役に就任
       
■主な舞台歴 ※劇場名のないものは全て宝塚大劇場公演
2005年 3~5月   『エンター・ザ・レビュー』で初舞台
2006年 10月   『堕天使の涙』(新人公演) イヴェット
2009年 7~8月   『ロシアン・ブルー』 タチヤーナ/(新人公演) イリーナ ※新人公演初ヒロイン
2010年 2~3月   『ソルフェリーノの夜明け』 ロザンナ/(新人公演) アンリエット
2010年 10月   『はじめて愛した』(ドラマシティ) レイチェル ※初ヒロイン
2011年 1月   『ロミオとジュリエット』(新人公演) ジュリエット
2011年 4~5月   『ニジンスキー』(バウホール) ロモラ
2011年 7月   『ハウ・トゥー・サクシード』(梅田芸術劇場) スミティ
2012年 3~4月   『ドン・カルロス』 エボリ公女
2012年 7月   『フットルース』(梅田芸術劇場) ラスティ
2012年 10~11月   『JIN-仁-』 野風
2013年 2月   『若き日の唄は忘れじ』(中日劇場) ふく
2013年 4~5月   『ベルサイユのばら-フェルゼン編-』 マリー・アントワネット
2013年 8~9月   『若き日の唄は忘れじ』(全国ツアー) ふく
2013年 11~12月   『Shall we ダンス?』 ジョセリン・ハーツ

■今後の予定 
【1】 2014年3月14日(金)~3月24日(月) <梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ> 
   ミュージカル『心中・恋の大和路』 脚本/菅沼 潤 演出/谷 正純 
【2】 2014年3月29日(土)~4月1日(火) <宝塚大劇場> 
   月組公演『TAKARAZUKA 花詩集100!!』の一部に特別出演 
【3】 2014年4月4日(金)・4月6日(日) <宝塚大劇場> 
   宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』 ※4月5日(土)記念式典 
【4】 2014年4月15日(火)~4月21日(月) <日本青年館大ホール> 
   演目は【1】と同じ 
【5】 2014年6月6日(金)~2014年7月14日(月) <宝塚大劇場> 
   宝塚傾奇絵巻『一夢庵風流記 前田慶次』 脚本・演出/大野拓史 
   グランド・レビュー『My Dream TAKARAZUKA』 作・演出/中村一徳 
【6】 2014年8月1日(金)~8月31日(日) <東京宝塚劇場> 
   演目は【5】と同じ
創作者介紹
創作者 水美 的頭像
水美

...寶塚夢世界...

水美 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()